Introduction
  • 17世紀オランダ。
    ある肖像画に秘められた禁断の愛─
    世界的ベストセラー小説を映画化!

    「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい」と願った作家が、肖像画のモデルとなった女性と禁断の恋におちる画家の物語を書き上げた。作家の名はデボラ・モガー、日本でも大ヒットした映画『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の原作者だ。
    物語の舞台は、スペインから独立して経済的な繁栄を極め、「黄金時代」と呼ばれた17世紀のオランダ。

    好景気に浮かれた人々は、投資や収集に熱をあげていた。なかでも“絵画”と“チューリップ”が2大ブームだった。レンブラントやフェルメールが輩出され、アートが進化を遂げたこの頃、財を成した者たちは、自分たちの成功を形として残すために肖像画を発注し、邸に飾る風景画や風俗画を買い求めた。一方のチューリップは、縞模様などの希少な品種なら、球根1個が邸宅1軒分に相当し、まさに“チューリップ・フィーバー”を巻き起こしていた。
    そんなドラマティックな時代を背景に、フェルメールの絵画から抜け出してきたような登場人物たちが巻き起こす“愛の事件”の顛末に、絵画ファンとミステリーファンが熱狂し、世界各国でベストセラーを記録。『エリザベス』でアカデミー賞®にノミネートされた名プロデューサー、アリソン・オーウェンが権利を獲得し、映画化が実現した。

  • 一夜にして大富豪になれる
    チューリップ・バブルの時代
    許されない恋を叶えるため、
    彼女が考えた驚くべき計画とは?

    親子のように年の離れた、裕福なコルネリスと結婚したソフィア。二人の間に燃えるような愛はなかったが、孤児となり修道院で育った彼女にとって、それは初めて味わう豊かで安定した暮らしだった。夫は優しく特に不満もなかったが、彼が切望する跡継ぎができないことが、唯一の悩みだった。そんな中、夫が夫婦の肖像画を、無名の画家のヤンに依頼する。
    キャンバス越しに見つめ合うヤンとソフィアが、恋におちるのに時間はかからなかった。若く情熱的な画家と、許されない愛を貫きたいと願ったソフィアは、驚くべき計画を思いつく。恋人に去られた後、妊娠に気づいたメイドのマリアの子を、夫の子として自分が“産む”のだ。彼女の書いたその先の筋書きは、耳を疑う展開だった。前代未聞の“替え玉出産”は成功するのか? さらにヤンが二人の未来のために、希少なチューリップの球根に全財産を投資したことから、思わぬ運命が立ちはだかる─。

  • 豪華実力派俳優とオスカー常連
    スタッフが贈る
    絵画から生まれた愛と裏切りの
    ヒューマン・ミステリー

    ソフィアには、『リリーのすべて』でアカデミー賞®を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。感謝はあるが愛はない結婚から逃げ出し、禁断の恋へと身を投げようとする女性を大胆かつ繊細に演じた。フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」をオマージュした衣装や、フェルメール・ブルーのドレスをまとい、清楚だが身の内に熱い想いを秘めた女性を体現している。
    画家のヤンには、『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーン。ハリウッドでも傑出した演技力と存在感で、突き進むだけの無謀な若い恋の切なさと美しさを、ロマンティックに演じきった。夫のコルネリスには、『イングロリアス・バスターズ』と『ジャンゴ 繋がれざる者』で2度のアカデミー賞®に輝いた、クリストフ・ヴァルツ。富の力で無垢な娘を妻として手に入れた男の傲慢と悲哀を表現し、名優の称号にふさわしい演技で観る者を物語へと引き込む。
    その他、アカデミー賞®に7度ノミネートされ、『恋におちたシェイクスピア』で受賞したジュディ・デンチが、修道院長の役で出演。ソフィアの人生を見守ると共に、チューリップ取引の鍵を握る重要な人物として、物語にヒューマン・ドラマの奥行を与えた。また、トップモデルでファッショニスタのカーラ・デルヴィーニュも意外な役で顔を見せている。
    ミステリーとラブストーリーを絶妙なバランスで配したのは、『ブーリン家の姉妹』のジャスティン・チャドウィック監督と、『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞®を受賞した脚本のトム・ストッパード。フェルメールの絵画の色調を取り入れた撮影監督は、『ジェイン・オースティン 秘められた恋』のアイジル・ブリルド。絵画の中のエレガントな衣装を完璧に再現したのは、『ある公爵夫人の生涯』でアカデミー賞®を獲得したマイケル・オコナー。
    果たして、ソフィアが書いた筋書きが、ねじれた果ての思いがけない結末とは? 17世紀のオランダ絵画から生まれた、ミステリアスな愛と人生の物語。

Story
  • 17世紀のオランダ・アムステルダム。遥か東の国から来た珍しく美しい花―チューリップ―を、人々は我を忘れて手に入れようとした。民衆は大枚はたいてチューリップへの投機に熱中し、球根の値段は上がり続けた。
    その中でも特に高価なのが、希少な縞模様のチューリップ。それを人々は“ブレイカー(色割れ)”と呼んだ。この神々しく、真紅の縞模様が入った白い花が、人々の運命を変えていくことになる―。

    孤児として聖ウルスラ修道院で育った美しい少女、ソフィア。彼女は成人し、富豪で有力者である商人、コルネリス・サンツフォールトに嫁ぐこととなる。しかしながら、いつまでたっても子どもを授からないソフィアとの生活にコルネリスは焦りを感じる。また、子どもが出来ないソフィアは、ソルフ医師に助けを求めるが、彼はいつも真面目に診察してくれず、はぐらかすばかり。一方、サンツフォールト家の女中、マリアは、魚売りのウィレムに恋をし、日々の逢瀬に幸せを感じていた。
    日々の気晴らしとして、コルネリスは絵画商人マテウスに頼み、ソフィアとの肖像画を描いてもらうことを思いつく。そのマテウスが紹介したのが、将来を嘱望されている若手画家、ヤン・ファン・ロースであった。階段から降りてくるソフィアの姿を見た瞬間、恋に落ちたヤン。彼の横柄な態度に最初は嫌悪感を抱いていたソフィアだったが、絵を通じて向き合う時間の中で、徐々に彼に惹かれるようになっていく。時を同じくして、魚売りのウィレムは、愛するマリアとの結婚の為、一攫千金をかけてチューリップ売買の世界に飛び込み、球根の所有権証明書を手に入れる。それは一般的な白いチューリップの証明書のはずだった…。
    ウィレムはチューリップの証明書への署名をもらうため、所有者であるウルスラ修道院の修道院長の元を訪れるが、修道院に咲いていた花の中には、白と真紅のブレイカーが1輪咲いていた。“マリア提督”と名付けられた奇跡の球根の証明書を入手し幸せを手に入れたはずのウィレムだったが、ヤンとの逢瀬を続けるソフィアの姿をマリアだと勘違いし、傷心のなか酒場で財布を盗まれてしまう。恋人も財産も失ったウィレムは、そのままアムステルダムから姿を消すのであった。
    愛するウィレムを失ったマリアは、失意の中で自分が彼との子どもを授かったことをソフィアに告白するが、これを聞いたソフィアは、ある計画を思いつく。それは、マリアの子を自分の子どもだと夫に信じ込ませる計画であった。一見無謀とも思えるこの計画は、ヤンやソルフ医師を巻き込み、人々の人生を大きく動かすことになる。
    妊娠の発覚により妻と夜を共に過ごせなくなったコルネリスは、仕事という嘘をつきユトレヒトの女に会いに数週間家を留守にする。この間幸せな日々を送るソフィアとヤンであったが、ソフィアを幸せにするためにどうしてもお金が必要なヤンは、チューリップの球根を盗みにウルスラ修道院へもぐり込むが、捕まってしまう。球根を諦めきれず自らチューリップ売買に乗り出していくヤンであったが、その結末は―。
    チューリップへの熱と、愛する人への想いが交わる中、それぞれの人生が交錯していく。

Cast
  • Cast
  • Cast
  • Cast
  • Cast
  • Cast
  • Cast
  • Cast
  • Cast
  • Cast
Cast
cast01
  • castname01

    1988年、スウェーデン出身。トム・フーパー監督の『リリーのすべて』(15)でアカデミー助演女優賞を受賞。アレックス・ガーランド監督の『エクス・マキナ』(15)で英国アカデミー賞、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。そのほかの出演作に『アンナ・カレーニナ』(12)、『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』(12)、『ガンズ&ゴールド』(13)、『コードネーム U.N.C.L.E.』(15)、『二ツ星の料理人』(15)、『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(18)がなどある。『光をくれた人』(16)でパートナー役を演じた俳優のマイケル・ファスベンダーと昨年結婚。

cast02
  • castname02

    1986年、アメリカ出身。08年に出演したHBOのテレビドラマ『イン・トリートメント』の演技で脚光を浴びる。映画では『クロニクル』(12)で主演を演じたほか『欲望のバージニア』(12)、『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』(12)、『アメイジング・スパイダーマン2』(14)などに出演。『ディーン、君がいた瞬間』(15)でジェイムス・ディーン役を演じたほか、最近では『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(17)のヴァレリアン役を演じている。

cast03
  • castname03

    1934年、イギリス出身。デイムの称号をもつ、英国を代表する舞台・映画女優。映画では『眺めのいい部屋』(86)、『Queen Victoria 至上の恋』(97)、『アイリス』(01)で英国アカデミー賞受賞。『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞助演女優賞を受賞するなど多くの映画賞受賞歴を持つ。『ヘンダーソン夫人の贈り物』(05)、『あるスキャンダルの覚え書き』(06)、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』シリーズ(12,15)、『あなたを抱きしめる日まで』などで主演を務めているほか、ジェームズ・ボンド・シリーズの007の上司“M”役でも知られている。11年に高松宮殿下記念世界文化賞を授与されている。

cast04
  • castname04

    1956年、オーストリア出身。母国で演技の勉強をし、81年に『トルスタンとイゾルデ』で映画デビューを果たす。本格的なハリウッドデビュー作となった『イングロリアス・バスターズ』(09/クエンティン・タランティーノ監督)でのナチス大佐の演技が絶賛され、アカデミー賞、英国アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、カンヌ国際映画祭最優秀男優賞ほか多くの映画賞を総なめにした。再び同監督と組んだ『ジャンゴ 繋がれざる者』(12)でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞において2度目の助演男優賞を受賞。そのほかの代表作に『ゼロの未来』(12)、『ビッグ・アイズ』(14)、『007 スペクター』(15)、『ターザン:REBORN』(16)などがある。

cast05
  • castname05

    1988年、イギリス出身。多くのテレビドラマに出演するホリデイは『The Scouting Book for Boys』(09)の演技で高い評価を受け、『ジェーン・エア』(11)でジュディ・デンチ、マイケル・ファスベンダーらと共演。そのほかの出演映画に『ベラミ 愛を弄ぶ男』(12)、『アンナ・カレーニナ』(12)などがある。15年にはケネス・ブラナー監督の『シンデレラ』で義理の姉アナスタシアを演じた。

cast06
  • castname06

    1990年、イギリス出身。テレビドラマへの出演を経て、06年に『THIS IS ENGLAND』で映画デビューを果たす。その後『300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』(14)、『ベルファスト71』(14)、『マネーモンスター』(16)などに出演。アンジェリーナ・ジョリー監督の『不屈の男 アンブロークン』(14)では主役を演じた。15年に英国アカデミー賞EEライジング・スター賞、ハリウッド映画賞のニュー・ハリウッド賞を受賞。

cast07
  • castname07

    1969年、アメリカ出身。大学中退後ニューヨークのナイトクラブなどでスタンダップ・コメディをしていた。NBCのコメディ番組『Boston Common』への出演をきっかけに多方面で活躍するようになる。トーク番組「Between Two Ferns」のホストをしており、過去にオバマ元大統領、ブラッド・ピット、ナタリー・ポートマン、ジャスティン・ビーバーなどにもインタビューしている。映画では『ハングオーバー』シリーズで悪友の中の不運な男アラン役で人気を博したほか、『イントゥ・ザ・ワイルド』(07)、『マイレージ、マイライフ』(09)、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)などに出演。

cast08
  • castname08

    1967年、イギリス出身。『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(06)、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(07)でカトラー・ベケット卿役のほか、『エニグマ』(01)、『プライドと偏見』(05)、『路上のソリスト』(09)、『ハンナ』(11)、『ビザンチウム』(12)、『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』(13)などに出演。

cast09
  • castname09

    1992年、イギリス出身。モデル、女優として活躍するほか、インスタグラムやツイッターなどのSNSでも影響力を持つ。映画では『アンナ・カレーニナ』(12)で映画デビューを果たす。最近では、『スーサイド・スクワッド』(16)、『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(17)に出演。

Staff
  • 1968年、イギリス出身。10代で役者としての活動を始め、『ロンドン・キルズ・ミー』(91)の主演で映画デビュー。俳優を経験した後、舞台『病は気から』で演出デビューを果たす。93年には、ユアン・マクレガー主演のテレビ映画『Family Style』(93)でテレビ監督デビュー。これがシェークスピアに登場するキャラクターを掘り下げる『Shakespeare Shorts』(96-)というシリーズに繋がり、ジャスティンは監督と出演の両方をこなした。彼が企画したミニシリーズの『Bleak House』(05) で、15エピソードのうち9本を監督した。06年英国アカデミー賞テレビ部門の最優秀ドラマシリーズ賞を受賞。またゴールデングローブ賞2部門、サテライト賞3部門で候補となり、テレビ批評家協会賞を受賞した。個人としても、プライムタイム・エミー賞のミニシリーズ/映画/ドラマ・スペシャル部門の最優秀監督賞候補となった。映画監督作品に『ブーリン家の姉妹』(08)、『おじいさんと草原の小学校』(10)、英国アカデミー賞にノミネートされた『マンデラ 自由への長い道』(13)がある。

  • 1948年、イギリス出身。『プライドと偏見』(05)、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(11)の原作者として知られる英国の人気作家。執筆以外にもテレビドラマなどに女優としても出演。本作『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた恋』では原作に加え、脚本にも携わっている。

  • 1937年、チェコ出身。英国の劇作家、脚本家。スティーヴン・スピルバーグ監督の『太陽の帝国』(87)で英国アカデミー賞最優秀脚色賞に、テリー・ギリアム監督の『未来世紀ブラジル』(85)でアカデミー賞最優秀脚本賞にそれぞれノミネートされた後、『恋におちたシェイクスピア』(98)でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、全米脚本家協会賞、放送映画批評家協会賞、ニューヨーク映画批評家協会賞において脚本賞を受賞したほか、ベルリン国際映画祭銀熊賞(功労賞)、英国映画協会最優秀脚本賞などの映画賞を総なめにした。そのほかの代表作に、『宮廷料理人ヴァテール』(00)、『エニグマ』(01)、『アンナ・カレーニナ』(12)などがある。脚本に加え自身が監督をした『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(90)では、その年のヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞。97年にはナイト爵を授与されている。

  • 1961年、イギリス出身。製作に携わった『エリザベス』(98)で、アカデミー賞7部門と英国アカデミー賞12部門にノミネートされた。チャドウィック監督とは『ブーリン家の姉妹』(08)に続き二度目のタッグとなる。そのほかの製作に携わった作品に『ジェーン・エア』(12)、『ウォルト・ディズニーの約束』(14)、『ギヴァー 記憶を注ぐ者』(15)、『世界一キライなあなたに』(16)、『未来を花束にして』(17)などがある。

page_top

billing
billing

©2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHT RESERVED